FC2ブログ

アポロな日々

グリーンソリューションで新しい世界を創造するアポロエンジニアリングのスタッフブログです。

スポンサーサイト

Posted by apollogreen on

全量固定買い取り制度

Posted by apollogreen on   0 comments   0 trackback

この前、民主党の菅副総裁が家庭の太陽光発電で生じた電力のすべてを買い取る「全量固定買い取り制度」を来年度から導入する考えを示しました。民主党にとって太陽光発電の普及は90年比25%削減の中期目標達成のためにも重要な政策となることは間違いありません。枠も太陽光だけではなく、風力も小水力にも広げてほしいです。...

ハトヤマ・イニシアチブ

Posted by apollogreen on   0 comments   0 trackback

鳩山首相が国連気候変動首脳会合で2020年までに温室効果ガス25%削減を表明しました。サルコジ大統領やゴア氏が賛辞の言葉を送っているのをテレビで見ました。こういう日本の世界でのポジションを初めて見た気がします。環境立国として日本が世界をリードしていくスタートラインに堂々と立つことができたと思います。実現性にたいして様々な批判がありますが、あらゆる政策を総動員して実現を目指すべきでしょう。...

夢を皆で語れる社会

Posted by apollogreen on   0 comments   0 trackback

最近はきれいな夕日の日が続いています。昨日の帰り、事務所からの夕日をパチリ。webニュース「温室効果ガス25%減少、鳩山代表明言」「民主党の鳩山代表は7日午後、東京都内で講演し、日本の2020年までの温室効果ガスの削減目標(中期目標)について「1990年比で25%削減を目指す」と述べ、衆院選での同党の政権公約(マニフェスト)通りに実行する考えを表明した。鳩山代表が中期目標について衆院選後に明言するの...

経団連の反発。

Posted by apollogreen on   0 comments   0 trackback

写真は事務所の守り木になるみかんです。酸っぱめの実をつけます。日中はまだまだ暑い日が続きます。新型インフルエンザもじわじわ広がりを見せているようです。みなさま、お気をつけください。Webニュースで「民主党は政権公約(マニフェスト)で政府が決めた中期目標より厳しい「2020年までに90年比で25%削減」との目標を掲げた。これに対し経団連は「経済活動に悪影響を及ぼす」と反発。鳩山代表が同会合で25%の削...

どういう社会が未来にあるのか

Posted by apollogreen on   0 comments   0 trackback

政権交代が現実のものとなりました。民主党の圧勝と自民党の惨敗は「自民党」というシステムの賞味期限が切れたことを証明するのではないかと思います。時代の流れの必然性を感じます。しかし一方で、民主党にたいする不安は大いにあります。たとえば、民主党が衆院選のマニフェストに掲げた高速道路の無料化は、温暖化ガス排出の増加につながっています。(シンクタンク試算)高速道路の無料化と自動車関連の暫定税率の廃止が実施...

太陽光買い取り 11月1日開始!

Posted by apollogreen on   0 comments   0 trackback

一般家庭の太陽光発電による余剰電力の買い取りに関して新聞報道がありました。要点をまとめますと、、買い取り価格は1キロワット時48円(一般住宅)。11月1日より開始。電力会社と一度契約すれば、10年間、同じ価格で買い取ってもらえるが、新たな契約の買い取り価格は、発電設備の価格が下がるために年々引き下げられる予定。その電力会社の買い取りコストは全一般家庭の電気料金へ上乗せというかたちで徴収される仕組み...

食料自給率

Posted by apollogreen on   0 comments   0 trackback

毎日新聞の報道より「石破茂農相は11日の閣議後会見で、08年度の食料自給率(カロリーベース)が前年度より1ポイント上昇し、41%になったと発表した。41%は97年度以来11年ぶり。サトウキビや大豆の国内生産が増え、大豆やチーズの輸入が減少したことが背景。政府は自給率を15年度に45%、長期的には50%に引き上げることを目指している。 食料自給率は1960年度の79%からほぼ一貫して低落傾向をたどり...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。